プレミア12 日本対韓国戦

今日はさすがにショック過ぎてなかなか眠れない。僕と同じような人はいるんじゃないでしょうか?

もしかしたら大谷投手が国際大会ではめずらしいノーヒットノーランを、しかも宿敵韓国を相手にやってしまうんじゃないかと思っていたりもしました。

ただ、さすがにそれはないだろうと思ったらやっぱり代打で出てきた選手に見事なセンター前ヒットを打たれましたね。大谷投手が投げている間の韓国ベンチは、さすがに手の内ようがない感じでヒット1本出ただけでも大喜び。

ただ、サッカーでもそうですが、相手が韓国となるとそうそう簡単には行かない、油断は禁物と思ってみてましたら、その時は来てしまいました。

僕はサッカー派で、サッカーは自分でもやりますが、野球は小学校時代に少年野球チームに入って少しやってただけなので、そこまで詳しくないですが、則本の8回、9回またぎはないですわ。韓国からしてみたら苦手の大谷投手がマウンドから降り、息を吹き返そうとしているところ。

8回は則本でも、9回は頭から別の投手でいくべきだったでしょ。松井はダメそうだったので、DeNAの山崎とか。本職の抑え投手。決勝をにらんで巨人の抑え投手である澤村は使いたくなかったという説がありますが、相手は負けちゃいけない韓国だし、総力戦でよかったじゃん。結果それで決勝で負けたとしても相手が韓国じゃなきゃある意味納得できた国民も多かったんじゃないのか。それなのに。。。