18禁のゲームは抜けるのか?前編

サイト名を18禁ゲーム男の生活としているのに18禁ゲームのことに一切触れないのもなんだなーと思い、今日は18禁ゲームは抜きネタとして使えるのかについて書いてみる。

俺は1週間に3~4回自分で性欲の処理をする。もうそこそこの年齢で、妻子あるけど。一人エッチは未だに欠かさない。

嫁がいるならセックスすればいいじゃないかと思う人もいるかと思うが、子供が2人も生まれて育てていると、嫁はどんどんセックスなんかには興味がなくなっていき、何かと言えば「今日は疲れているから」で終わり。

まぁここだけの話、結婚なんかしないで、いろんな女と別れの日が来るまで付き合って、別れたら他の女とまた付き合うという生き方ができるのが一番良いと思う。結婚したから思うことだけど。まぁここの話は今日の本題とは違うのでまた後日。

で、一人エッチを欠かさない俺だけど、じゃあ何を抜きネタにするかっていうところ。一番利用頻度が高いのはxvideosというエロ動画サイト。ここには無修正の動画もかなりたくさんある。主に再生時間は5分程度のものが大半を占めるが、どういうわけか、アダルオビデオ丸々一本アップされてたりもする。その手のエロ動画は再生時間がなんと60分近いものがある。

そのサイトは違法なのかどうか知らないが、まぁタダで見させてもらえるのでかなり利用頻度は高い。

まぁエロ動画は抜けるのは当然として、じゃあ18禁ゲームはどうなのか?

結論からいうと抜ける。しかも、エロ動画とはまた別の切り口というか、別のアプローチで性欲を刺激してくれるので、それは「ボイス」。

18禁ゲームのボイスは、アダルトビデオでは絶対に味わえないと思う。唯一、女優ものではなくて企画モノのアダルトビデオでエロマンガとのコラボ作品として作られたものがそれに近い感じはした。

というのは、アダルトビデオでは女優が「あっ、あん」とかの感じる声を出す程度で、音声の部分での興奮はあんまりない。

ただ、これが18禁ゲームになると違う。過激な言葉とか、卑猥な言葉がとても長いセリフとして聞ける。特にセックスシーンでは物凄い。また、最近では催眠音声なんかもあり、その音声が抜きネタに使える。

眠くなったので続きはまた書きます。