先生とぼく ネタバレ 無料立ち読み エロ漫画

▽▼無料立ち読みは画像をタッチ▼▽

先生とぼく

△▲と検索すると試し読みできます▲△

登場人物

野島裕也

高校生。

西嶋かほ

祐也の家庭教師。

大学二年生、教育学部。

あらすじ

「次のテストで頑張ったらご褒美あげる…」

野島裕也がいつものように

学校から帰宅すると

自分の部屋に知らないお姉さんが。

母親の知り合いの紹介ということで

やってきた家庭教師だったが、

同級生とは大きく違う大人の女性に

どう接していいかわからず、

戸惑う裕也の成績は伸び悩むばかり。

一方、結果がでない状況に

責任を感じていたお姉さんは

思い悩むあまり、

次のテストで成績が上がれば

胸を触らせてあげることを提案。

成績が上がった裕也に先生は

ご褒美として触らせてあげることに。

服越しでも先生のおっぱいは

裕也が想像した以上に柔らかく…。

作者湯山チカ / 穴乱
話数8話(最新話)

ネタバレ

第1話 先生との出会い

祐也がいつものように自宅に帰ると、部屋に知らない女の人がいた。

どうやら母親の知り合いに紹介してもらった家庭教師らしい。

こんなに年が近く、女性の家庭教師が来ると思っていなかった祐也は

家庭教師のかほに胸がドキドキしてしまう。

祐也はかほが掴みどころがなく、

一線引かれていることが気にかかっていた。

かほの方は自分が家庭教師をしても

祐也の成績があがらないことが気にかかっていた。

結果を出さないといけないと焦るかほはボーッとして、

家庭教師中にジュースをこぼしてしまう。

それを拭こうとした祐也はかほの胸に触れてしまう。

第2話 先生の授業

祐也がかほの胸に触れた瞬間、お互いに意識して時が止まる。

そのときにかほは

次のテストで成績があがったらご褒美に触らせてあげようか?

と祐也にもちかける。

祐也はそんなのはかほの冗談に決まっていると思ったが、

頑張って成績をあげてしまう。

成績があがったことに喜ぶかほ。

しかし、ご褒美の話は出てこなかった。

そこで祐也は

先生、この間言ってたご褒美って本当ですか?

とかほに詰め寄る。

かほは上着を脱いだ。

第3話 先生のご褒美

これはご褒美としてだからね?

と前置きをして、上着を脱ぐかほ。

かほのおっぱいを堪能する祐也。

直接…触ってもいいですか?

祐也はさらに要求すると、

それを受け入れるかほ。

祐也はかほの生おっぱいを揉む。

かほは呼吸が荒くなっていた。



 

 

第8話 先生と私服野外エッチ

 

 

感想

かほの距離の詰め方、はやっ!

これが読み終わった後の感想です。

 

 

 

結果が出なくて困っていたかほは

成績があがらなくて祐也に

おっぱいを触らすのをご褒美とするわけですが、

まずはもっと違うコミュニケーションを

とる努力した方がいい

と僕は真面目に考えてしまいました(汗)

 

 

 

でも、そのおかげで祐也は

かほのおっぱいどころか

エッチまでできてしまうのだから

それはそれで良いのかもしれません。

 

 

 

結果が出ないから自分の体を利用して、

結果を得るというのは

保険の営業で体を売るのと

似ている行為だなと思いました。

なんか今日の僕は真面目なことばかり

考えてしまいますね(汗)

 

 

でも、絵はキレイですし、

抜けることは間違いなしです!

ぜひ、読んでみてくださいね!

 

 

▽▼無料立ち読みは画像をタッチ▼▽

先生とぼく

△▲と検索すると試し読みできます▲△